食前の癒やし戦略は成功かもしれない!

食前にイツラックを2カプセル

前回話していた通り、イツラックを食前に2カプセル飲むようにしています。

これの効果がてきめん!

私の体質や生活習慣に合っていたということでしょうか。

げっぷの頻度が明らかに落ちている!

いや、どうして初めからこうしていなかったのかとさえ思うほど。

さらには久しぶりに快眠を得た気がします。

いつもはげっぷげっぷと眠りさえ浅かった気がするのに。

あの胃液の魔の手から逃れ、こうも気持ちよく眠れる日が来るとは……。

逆流性食道炎患者は不眠になりやすい

ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

実は、逆流性食道炎という病気は不眠も呼び起こすのです。

だって、考えてみれば道理も道理。

胃の中で留まっているはずの胃液がぐいぐい喉を上ってくる。

これは完全に胸焼けの原因です。こんなコンディションで快眠が得られるはずがない。

他にも、単純に呼吸が苦しくなります。

私なんか慢性鼻炎も患っていますから、自然と口呼吸になります。

ついでに肥満ぎみなものだから、睡眠時無呼吸症候群の気配もあったりして……。

そこに逆流性食道炎ですからね。もはや最悪といっていい組み合わせでしょう。

ところがイツラックのすばらしさ

いやー、よく効いた!

まだ完全にげっぷが消えたわけではありませんが、劇的に減っています。

自分にとってちょうど良い服用のタイミングを見つけた感がありますね。

ちなみに、「食前5~10分前」という形をとっています。

本来なら「食前」は食後と同じ30分以内のようなのですが、私はこれくらいがちょうど合っていました。

何より、イツラックという薬がそれだけの効力があることを確認できて嬉しいです。

これなら、3ヶ月飲み続けていればさらなる進境がありそうですね。

ぜひさらなる快眠と快適な生活を目指して、飲み続けたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする