夢の中の方がきつい!

苦しい夢は悪い夢?

いやはや、大変な目に遭いました。

といっても、事故なんかに遭遇したわけじゃありません。

乗り物酔いする夢を見たんです。

言ってみれば笑い話の範疇ですが、夢というのは真に迫ってくるものですね。

見ている最中はずっと喉の奥がげえげえ痛い感じすらしました。

このままやられてしまうんじゃないか……。

そういう思いがこびりついて離れません。

不思議なもので、起きてしまうと詳しいシチュエーションは忘れているんですが、とにかく乗り物酔いになっていたことは覚えているんですね。

苦しい夢を見た記憶を再度記録しているからかも。

あれが乗り物に乗っている時の自分の心象風景なのかもしれません。

そりゃあ、胃も食道も苦しくなりますわな。

あんな心理状態じゃあ、全然へっちゃらだって気分が悪くなる。

実際のところはどうなのか?

イツラックのおかげで、胃腸の調子は平常運転です。

まあ、食後なんかはちょっともたれる感じはありますが。

それでも、健康的に過ごせている実感がありますね。

今までがひどすぎた?

それは確かにあります。ひどい状況でした。ヘビースモーカーがタバコをやめてみて初めて自分がどういう世界にいたかわかる……。

そういう感じなのかもしれません。

が、ちょっと適切な比喩じゃなかったかも。

酒もタバコもやらないので、おかしなことになってしまったかもしれませんね。

ともあれ、自分が世間の日常とずれていることは認識しつつあります。

だって、夜間高速バスに乗って移動する人や太平洋を飛行機で横断する人だって日常茶飯事でいるわけですから!

彼らは今まで偉業の人だと思っていましたが、なんのなんの、調子さえ良ければ普通のことなんだなあと感じています。

夢でも酔わないために

夢にまで見る気持ち悪さ。

やっぱり酔うってのはダメです。あれはダメ。

心身に異常をきたします。酔わないに越したことはない。

そのためにはどうすればいいか?

暴飲しない。

暴食しない。

食前食間にはイツラックを飲む。

この3プロセスでしょうね。

なので、あまり間食もおすすめできません。

ただ最近ダイエットに間食が有効という記事も見たので……。

そこはケースバイケースということになるんでしょうか。

何しろ私は肥満体質。減量が最大の健康に繋がるのは間違いありませんから。

ともあれ、食事もおいしくいただけてますし、胃酸に対応するように無理して食べることもなくなりました。

自分の体に負荷をかけないというのは本当に大切だと感じる昨今です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする