「平らげる」快感を久々に感じた

イツラック継続中

イツラック生活を継続中です。

今日は結構な量の料理が出ましたが、よく噛んで食べきることができました。

今まではこうはいかなかった!

残り少なくなってくると、もう食道が悲鳴をあげるわけです。

逆にどんどん押し戻そうとしてくる。

こうなるといけません。

もう水一滴さえ入らなくなる。

むしろ液体の方がつらいですね。

固体なら何とか喉の奥に転がっていってくれるんですが……。

しかし、今回の食事ではそういうこともなく、食後も悠々としたものです。

まあ、さすがに腹のあたりに詰まった感じはしますが、いつもの嫌な感じじゃありません。

満足感の方が強い食事というのは良いものですね。

2カプセル作戦が効いている?

前の記録にも書いた通り、毎食前の2カプセルを継続しています。

うっかり飲み忘れた場合は食後2時間を目安の「食間」に。

おかげで日に日に良くなっていっている感じがわかります。

もちろん気分的なものも大きいでしょうね。

「よく効く薬を飲んでいる」

という自信は間違いなく自分の体を良い方に向けています。

決してお安い金額じゃない投資をしているから、良くなってくれという願いでもあるかもしれません。

でも、日々の良い生活が取り戻せるなら安いもんです。

もうあんなきつい思いはしたくない!

たとえ夢でだって見たくありません。

まあ、この前、見ちゃったんですけどね。

あれは本当にきつい。苦しい。生き地獄とはあのことです。

その地獄から完全に抜け出すためにも、イツラックは継続して飲んでいきたいですね。

心なしか落ちる体重

消化が良くなったからか、体重が少し減少しました。

胃腸がちゃんと働いてくれているのかもしれません。

今までは疲弊していたところに鞭打っていたから、栄養分が効率よく分解されなかったのかもしれませんね。

毎日に前向きになれているから、その面での改善が大きいウェイトを締めているかもしれません。

あとは物理的な「ウェイト」も絞っていければ言うことなし。

逆流性食道炎の大敵はまさしく脂肪ですから……。

このままだと他の病気、例えば睡眠時無呼吸症候群なんかも併発するかもしれませんし、どんどん良くしていきたいですね。

悪いところから良いところに出ていくというのは、実に心地の良いものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする